過去の借金が影響出た住宅ローン

住宅ローンを組もうと思った時には、なるべく好条件で安定性の高い大手銀行を利用しようとしていたのですが、この時に審査で弾かれてしまった事があります。

こうした大きなローンの場合は通常の消費者金融キャッシング等の審査よりも細かく判定される事になり、年収証明等様々な資料提出が必要ですが、過去の借金が影響して住宅ローン審査で見送られる事になったのです。

消費者金融を利用していた経験があり、延滞や滞納を繰り返してしまった経験があったのですが、こうした借金返済に関する金融トラブルは記録に残る事になり、大きなローン審査ではフリになる可能性があります。

もちろん完済は済ませていたのですが、業者側から貸し倒れリスクがある申し込み者として判定されたものであり、最終的には時間を空けて再度申込みを行い、普段からカード利用もせずに、光熱費関係等も確実に支払うようにして、頭金の準備額も増やす等によって最終的に審査が通ったものです。